読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジグザグジギー

こんばんは、りおです(^_^)v

 

 昨日もM-1グランプリやってましたが、僕はかなりお笑いが好きな方でして、

暇なときはyoutubeでお笑いをみたり、休みの日に一人で幕張イオンの吉本の劇場に行ったりもします。

 

 今までハマった芸人は数知れずなんですが、今ハマってるのが

 

 

 

 ジグザグジギーです。

 

 

 

 ジグザグジギーマセキ芸能社所属の2008年に結成したお笑いコンビで、メンバーは、背が高くてイケメン風な池田さんと、とにかく地味でほんとに全く顔が思い出せない宮澤さんで

おそらく多くの人はジグザグジギーといえば池田さんだけを思い浮かべるかと思います。

 

ネタは全てコントで、特徴としては、宮澤が一つのことを強引なまでに何度も何度も繰り返して池田が「なんで?どうなってんのー?!」みたいなツッコミをいれる感じが多いです。

 

ぼくがジグザグジギーの好きなところは、「狂気」を感じるところです。

 

だいたい、宮澤が決まったことをずーっとやってて、不気味でちょっと怖い状況を、池田が面白い言葉選びで色んな表現でツッコミ続けて、その池田のツッコミで始めてウケるみたいなスタイルでして、

たぶん、ツッコミがなかったら、宮澤がかなりヤバイやつで、怖いってなってしまうんですが、池田の面白い言い回しの、的確なツッコミがあるからみてる人は安心して、笑いとして成立するんだと思います。

 

ネタをみてると、池田はキャラの設定がなく、ずっと素の感じで喋ってるんですが、宮澤はキャラになりきっていて、更に壊れたようにずっと同じことをしたり言ったりするので、顔が日本人サラリーマンの平均みたいな顔なだけに、かなり狂気を感じるんです。

 

狂気ネタと言えばかもめんたるが有名で、僕はかもめんたるも大好きで単独ライブがあれば本気で行きたいくらいなんですが、

かもめんたるよりも、マジな狂気を感じるんです。

 

かもめんたるは、狂気を全面に出して、狂気ネタでやってます!みたいな感じなんですけど、ジグザグジギーは自分達が狂気的なことに気づいてないような、意識してないような感じで、その点ではかもめんたるよりマジな感じだと思います。

 

ちなみに僕が一番好きなネタは、題名とかは完全に忘れましたけど、宮澤がレストランに予約をとろうとして電話をかけるっていう設定なんだけど、なぜか、

「えぇ、えぇ、はい、えぇ、えぇ、、えぇ、えぇ、えぇ、えぇ、」

とあっちの話をめっちゃ聞いてて、池田が

「レストランの予約でそんなにあっちばっか話すことある?!」

みたいな感じのやつです。

 

 

とまぁ、ここまでジグザグジギーについて30分くらい熱をこめて書いてきましたが

 

 

 

僕はジグザグジギーでそんなに笑いません(笑)

 

 

ただ、笑えるか笑えないかは別として、ネタが大好きで、面白いと思います。

そういうことってありますよね?

 

では、今日はこの辺で(^_^)v